乳酸菌とビフィズス菌の違いって?


乳酸菌は、発酵により糖類から乳酸を生成する細菌類の総称で、腸内環境を正常な状態にキープする働きを行います。

ビフィズス菌は、乳酸菌の仲間であり、全ての動物の腸内に存在している細菌です。腸内環境の正常化の他に、花粉症や感染症の緩和等に貢献しています。

ビフィズス菌は、乳酸だけではなく酢酸も生成するという事が一般的な乳酸菌との違いです。

この酢酸を生成するという事が、強い殺菌力につながっており、悪玉菌と呼ばれる腸内環境を乱す細菌の繁殖を抑制します。

さらに、ビタミンB群やビタミンKを合成する働きもあるので、肌荒れや貧血の予防にも効果的と考えられています。

一般的な乳酸菌とは、生成する物質が異なっているので、仲間でありながら他の菌として区分されています。

乳酸菌サプリは、乳酸菌を効率よく補給できる健康食品です。様々な種類の乳酸菌が配合されている商品が製造されており、ビフィズス菌が加えられているものも多数存在します。

体を内側から整える効果があるので、美容と健康に有効な内容です。副作用が生じる危険がないので、安心して利用する事が出来ます。特に、便秘に悩んでいる人にはおすすめです。

ビフィズス菌を配合した乳酸菌サプリは、殺菌力という部分が優れています。

悪玉菌は、肉中心の食生活を送っている時に増殖する事が知られています。偏った食生活を送っている場合には、ビフィズス菌を配合した乳酸菌サプリが効果的です。







同じカテゴリーの最新の記事